クラビットジェネリックは個人輸入で通販できます

安く入手するならジェネリックがおすすめ

処方箋で入手するメリットとデメリット

クラビットは、日本国内では医師の処方箋がなければ購入することができない抗生物質です。処方箋が必要ということは、医師の診察を受けることが必要になるわけですが、性病などは病院に行くのが恥ずかしいという人が多いですし、膀胱炎など同じ感染症に頻繁にかかってしまう人にとっては、そのたびに混んでいる病院に行って半日以上の時間を費やすのは面倒だと感じることは少なくないでしょう。ただクラビットを入手するだけなら、病院で処方してもらわなくても、通販を利用して個人輸入するという方法も検討してみてはいかがでしょうか。

処方箋でクラビットを購入する場合には、健康保険が適用されるので、購入価格は1錠あたり100円ちょっとの価格になるというメリットがあります。しかし、健康保険を使うことによって誰がいつどこにかかったという事実が記録されるため、家族やパートナーにばれてしまうリスクは高くなるでしょう。また、病院で診察を受けている所を他人に見られたりすると、あらぬ噂を立てられてしまうリスクも心配ですよね。個人輸入を利用すると、そうした心配が一切なく、気軽にクラビットを入手できます。

また、後発薬となるジェネリックも個人輸入で入手できます。ジェネリックはクラビットよりもリーズナブルなので、お金をかけずに薬を入手したい時にはおすすめの薬の選び方と言えるでしょう。クラビットのジェネリック薬品としては、LEBOTASやLQUINなどがあり、容量は50mg~750mgまで多種多様です。

個人輸入とは

個人輸入というのは、海外で製造販売されている医薬品をネットショップのような形で購入するという方法ですが、輸入と言っても税関での対応などはすべて業者が代行してくれるので心配はありません。購入者は一般のネットショッピングをするような感じで気軽に注文することが出るので安心です。個人輸入を行っている業者はたくさんあり、それぞれ取り扱うクラビットやジェネリック薬品の製造国や出荷国などは異なるため、商品を選ぶ際にはそうした点をよく比較したいものです。実際にそのサイトで購入した人の口コミを参考にするという方法もおすすめですし、郵便局留めで受け取れるかどうか、パッケージには商品名が明記されないかどうか、という点を比較しながら業者選びをするのも良いでしょう。賢く使えば万が一の時に備えて自宅にクラビットもしくはそのジェネリック薬品を常備しておくことも可能ですね。